有機野菜についての素朴な疑問

有機野菜と無農薬野菜は何が違うの?

「有機野菜」と「無農薬野菜」の違いとはなんでしょう?

有機野菜には有機許容農薬が使えると聞くと、有機野菜より無農薬野菜のほうが安全なのでは?と思う方がいらっしゃいます。

有機野菜とは、有機JAS認証を取得している野菜のことです。
「有機栽培」や「有機野菜」といったようにわかるように表示して販売されています。

2006年に定められた「農水省・特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」で、無農薬・減農薬等の表示をした野菜を販売することは禁止されました。

有機野菜よりも良いもののような印象を与える優良誤認表示というのが理由です。

しかし、現在でも無農薬野菜の方が安全と認識している消費者が多いのが現状です。

このページでは、「有機野菜」と「無農薬野菜」の違いをご説明しながら、野菜の安全についての【新鮮野菜.net】の考えをご案内いたします。

有機野菜の方が安全なのか?

有機JAS認証の有機野菜の方が安全なのでしょうか?

有機野菜・有機農産物の優位性は、法律を順守した栽培をしたと第三者機関が証明している確からしさにあります。

有機JAS認証を取得するためには、その圃場で使用された資材・肥料・農薬・種などの記録と、購入時の伝票などを全て保管しておかなくてはなりません。

また、その日何をしたかといった日々の記録もきちんとつけなくてはなりません。

一般栽培の圃場で使った機械を有機圃場で使用する際には、機械の洗浄も義務付けられおり、その記録も必要です。作業場も分けなくてはなりません。

こういった記録や現場を第三者機関、登録認定機関が年に一度検査し、認証されたものだけに有機JASシールを貼付して販売されます。
このシールの枚数も全て管理されており、不正はできない仕組みになっています。
また、シールの番号を追いかければ、栽培した農家がどのように栽培したかを知ることができます。

つまり有機農産物は、誰がどのように何を使って栽培したか、完全に履歴が追える仕組みをもった野菜なのです。

無農薬野菜は無農薬の証明が難しい

有機野菜が第三者機関によって証明されているのに比べ、無農薬野菜は、その証明が難しいと言えます。

スーパーで販売されている野菜は、基本的には誰が作ったか個人名の特定はもちろんできませんし、どのような農薬を使ってどのように作られたのか、消費者に知るすべはありません。

したがって、スーパーで無農薬野菜と表示して販売されていたとしても、それが本当に無農薬なのかは誰も証明できないのです。
イメージはいいけれど嘘である可能性も高く、本当かどうかは誰にもわかりません。

確からしさという点において、有機JAS認証の有機野菜・有機農産物に適うものはありません。だからこそ、安全と言われるのです。

【新鮮野菜.net】の野菜の安全性について

【新鮮野菜.net】では、登録農家ごとにプロフィールページが作成されています。

ページを見ていただくと、それぞれがどのような栽培をしているか
明らかにされています。

誰が作ったか、その人の顔がわかります。
農家がどのように栽培しているか、何に取り組んでいるか、
何を目標にしているか、日々の更新情報で知ることができます。
「今」の畑の情報をお知らせしています。

日々の畑と野菜の生育がリアルタイムでわかるしくみです。ぜひご注文してみてください。

ご利用について
農家登録