有機栽培のメリットとは?

有機栽培・有機農業と自然農法・自然栽培

肥料を大量使用すると、土壌はやせ細ります。土中の微生物が減り、
嫌気性生物の細菌が土中に繁殖します。

有機栽培だからといって、環境負荷がないわけではありません。
有機質肥料でも多用をすれば土壌の汚染に繋がります。

それならば、まったく肥料を使用しない「自然農法・自然栽培」
はどうでしょうか?
土壌を汚染することもない、理想的な農法・栽培法なのでしょうか。

有機栽培・有機農業でも環境負荷は起きる

農業は、基本的に土から収奪する産業です。作物が生育すればそのぶん土から肥料分が失われます。それを補うために、有機農業でも有機物を還元する必要がありますが、その有機物の質と量によっては環境に負荷を与える場合もあります。

「よく言われる堆肥を大量に投入した結果、硝酸態窒素汚染が起こるといった問題です。

肥料の多用は環境汚染につながりますが、これは有機質肥料でも化学肥料でも同じです。

大量のチッソ分を必要とする茶の産地で地下水の汚染が起き、現在ではチッソ成分を半減している地域などもあることからもわかるように、汚染の原因は主にチッソ分です。アンモニア発酵をした鶏糞堆肥や硫安・尿素などのアンモニア態窒素分などがこれに当たります。

自然農法・自然栽培

有機質肥料を使用した有機栽培にはメリットは何もないのでしょうか? ただのイメージなのでしょうか? 環境を汚染してしまうのなら、無肥料栽培しか無いのでは?そんなふうに考える人もいます。

だから現在では、無肥料・無施肥栽培を特徴とした「自然農法・自然栽培」が注目を浴びています。

土から収奪するのではなく、自然と共生する自然栽培に憧れる新規就農者は多く、自然農法・自然栽培から農業をスタートする人がたくさんいます。

しかし、自然農業は農家経営をしていく上では非常に厳しく、満足な収益を挙げられている人はほんとうに一部の人のみです。無施肥栽培で作物を栽培するのは大変なことなのです。

そもそも土地を持っていてそこで長年土づくりをしてきた人であれば、無肥料栽培ができることがありますが、今までどのような農業がされていたのかわからない畑を借り、いきなり自然栽培を行うのはかなり無理があります。

自然栽培・自然農業の前提は、土壌中に微生物が豊富にいて、腐植もたっぷりあり、土地が豊かであることです。

土壌消毒剤を長年使った有機物がほとんど還元されていない畑で自然農にチャレンジしても、やせ細って地力が全くないところから
作物を生み出すのは容易ではありません。

自然農業は環境に負荷を与える可能性が少ないかわりに、収量も少ないのです。思想性が高く高邁な理想は素晴らしいのですが、農業だけで生計を立てることはかなり困難な農法と言ってもいいでしょう。

ご利用について
農家登録