• HOME
  • 【新鮮野菜.net】ブログ

【新鮮野菜.net】ブログ

カテゴリで絞り込み:

サプリメントは注意書きを読んで正しく飲みましょう

  • カテゴリー:未分類
  • 2018年4月23日(月)


今が旬のあさつきのぬた。こういうものを食べてれば病気にならない気がしますねー。

ここ数ヶ月、取引先の社長の体調が悪く心配しておりましたら、先日とうとうガンマGTPの数値がべらぼうな数値になったとかで、毎日の晩酌を欠かさない方でしたが「禁酒宣言」をされました。ここまではよくある話です。しかし禁酒後もまったく数値が下がらず原因もわからずお医者様も「うーん」と頭を抱えていました。彼は血圧の薬を飲んでいます。でもそれは関係ないのです。

「なんかほかに飲んでるものある?」 
「サプリメントを飲んでます」
..続きを読む

『縄文人に相談だ』を読んで縄文時代に憧れるの巻

  • カテゴリー:未分類
  • 2018年4月16日(月)


猿橋博物館に展示されている縄文式土器。地面に突き刺して煮炊きできるよう先が尖っています。
っつか、まんなかの穴とか装飾とかなんのためにあるわけ? とか思いませんか?

縄文時代が大好きなお友だちがステキな本をプレゼントしてくださいました。『縄文人に相談だ』(望月昭秀著 図書刊行会刊)。すんばらしいです。
この本は縄文人のふりをした著者が現代人のお悩み相談を受けているというもので、縄文ZINEという雑誌から生まれたそうです。お友だちによると、縄文時代に弱い人のことをその雑誌では「縄弱」と呼ぶそうです。わたしは ..続きを読む

『昆虫の四季』(ギルバート・ヴァルトバウアー著)を読んで

  • カテゴリー:未分類
  • 2018年4月13日(金)


ありんこの擬態をしているアリグモ。ハエトリグモの仲間だそうです。
花みたいなカマキリや木の枝みたいなナナフシや。昆虫ってスゴイすね。

『サピエンス全史』を読み終わったあと、新しい本を買うのをやめ、30歳くらいから買いためているふるーい科学エッセイを読み始めました。本棚には『ダーウィン以来(上下)』『ゾウがすすり泣くとき』『ヨーロッパの祝祭典』『遺伝子の川』などチラ見して読まずにいた本がたくさんあります。買った当時は最新でも、現在すでに「古典」の部類に入りそうなものもあります。早く読めばよかった(泣) という ..続きを読む

ヨーグルトメーカーで納豆をつくってみた

  • カテゴリー:未分類
  • 2018年4月9日(月)


ちゃんと糸を引いております自家製青大豆納豆。

ヨーグルトメーカーを購入して、ここ数ヶ月ちびちびと自家製ヨーグルトをつくっていました。とあるサイトで「市販のヨーグルトを種にしてヨーグルトをつくると雑菌まみれになる」と書いてあったため、種菌は購入しました。低温殺菌牛乳でつくるとゆるゆるになるのはいかんともしがたいため、よつばの根釧牛乳(UHT殺菌)でつくっています。種菌はインドのヨーグルト「ダヒ」をご家庭で! 的なもののためゆるゆるに仕上がるらしいのですが、根釧牛乳だとちゃんと固まります。というか、カタマリ具合が ..続きを読む

生命でいっぱい、春の畑

  • カテゴリー:未分類
  • 2018年4月2日(月)

しばらくサボって家庭菜園に行っていませんでした。そろそろ果菜類の準備もしないと。ってことで葉菜類の片付けに行くと、想像していたとおり、かぶ、べか菜、小松菜の菜の花が花盛りです。今年は2月ごろからちまちまと成長点を収穫していたため、成長点を収穫すればとう立ちしないだろう、菜の花はそんなに食べられないだろうと勝手に思っていたのですが、菜っ葉の生命力を侮っていました。ううううう、食べればよかった。

これから収穫が始まるスナップエンドウとキヌサヤエンドウも大きく立ち上がっていて、支柱立てが完璧に遅れた感じです。と ..続きを読む

ちまっとしたお弁当をつくってお花見に出かけよう

  • カテゴリー:未分類
  • 2018年3月28日(水)

会社づとめをしていた頃はちゃんとお弁当をつくっていました。つくっていたとは言っても、ごはんはラップで包んだだけ、おかずは卵と昨日の残り物というチョーテキトー弁当で、とりあえずお腹いっぱいになればいいやくらいの感じでした。FacebookやInstagramを見ていると、精魂込めたお弁当がアップされていて、どんだけ手間かかってんだろうと感心しています。これは自分のためではなく、子どものためだから可能なのでしょう。自分にキャラ弁つくってる人がいたらちょっと怖い気がします。

そう言えば、わたしの母も、高校一年の ..続きを読む

「食べること」は簡単だけど「よく食べる」のは意外とむずかしい

  • カテゴリー:未分類
  • 2018年3月22日(木)

「春のお弁当」の取材で料理研究家のマダムの家に行きました。台所に入ったら、春らしいお料理が迎えてくれました。たけのこ煮、フキの煮物、フキの葉の佃煮、サクラマスの照り焼き、玉子焼き、豆ごはんなど、春の食材を使った料理がテーブルにずらりと並んでいて、食卓に春がやって来たようです。食べ物で春を感じることができる。すごいことです。野菜や魚の旬がわかりにくくなっている昨今、季節のもの、旬のものを、出たときにパッと捕まえるのは一苦労です。季節を先取りするには、今なにがお店に並んでいるのかなにが旬なのか、そんな知識を持ってい ..続きを読む

ご利用について
農家登録

特売商品一覧

新鮮野菜.netブログ
記事一覧
カテゴリー
最新記事
野菜セットの楽しみ方
有機野菜についての素朴な疑問
有機栽培のメリットとは?
【新鮮野菜.net】の目指すもの
【新鮮野菜.net】代表者からのメッセージ
おいしい野菜の見分け方
おいしい果物の見分け方
野菜と果物の保存法
新鮮野菜.netブログ
監修者紹介
いでんしくみかえさくもつのないせいかつ(雷鳥社刊 手島奈緒 著)
知らずに食べている 体を壊す食品(食料ジャーナリスト手島奈緒 著)
ほんものの食べものくらぶ
ほんものの食べもの日記
【新鮮野菜.net】について
運営会社概要